ワインを美味しく飲む方法

ワインは少しのことで味が変わる繊細な飲み物です。おいしくなくなることもありますが、もちろんおいしく飲める方法もあります。そこでおいしく飲むためのポイントを紹介していきます。

まず、ワインを買った直後に飲むのではなく、少なくとも一日静かに保存します。このとき保存する温度も大切です。一般的に赤ワインは常温で飲むのが良いとされています。温度が低すぎると、渋みを感じたり、アルコールが蒸発したりします。良く熟されたワインは樽の木の香りがします。その木の香りをつけるためにワインに割り箸を入れる方法があります。

ワインを飲むときは、飲む数時間前に栓を抜いてデキャンタに移し替えると空気に触れることができワインが本来のポテンシャルを発揮します。道具がなければ瓶を振るという方法があります。
ワインはグラスにこだわると良いとされています。一般的なコップではなく、ワイン専用のグラスを使うのが良いでしょう。
一度開けたワインをもう一度保存する場合、コルクをラップで包んでから栓をするのが良いです。

ワインを購入する際にはワイン通販を利用するのがおすすめです。
一つ一つのワインの説明を見ながら商品を選ぶことができるので、ワイン初心者でも知識を付けながらワインを購入することができます。
いきなりワインセラーでソムリエの話を聞いてもちんぷんかんぷんですからね。

SNSでもご購読できます。