焼き肉をおいしく食べる焼き方

焼き肉をおいしく食べるには、焼き方にコツがあります。肉は焼き過ぎると油が落ちてうまみが抜けてしまいます。硬くなって触感もよくありません。表面をよく焼いて肉汁を閉じ込めるといいますが、焼き過ぎると肉汁を閉じ込められないばかりかおいしさを逃がしてしまうので、焼き過ぎに気をつけましょう。カルビの場合は、片面を焼いて表面が反り返ってきたときにひっくり返します。火があまり通っていないようでも気にせずにひっくり返してください。網の上を引きずるように裏返すのがポイントです。

ロースはレアにするのがおいしく食べるコツです。片面を焼いているときに肉の周りに肉汁が出てきたらひっくり返します。焼いている面に焦げ目がつくかどうかというところで再度ひっくり繰り返し、焼き目がついたら食べごろです。

ホルモンだけはよく焼くのがポイントです。片面を7分ほど焼いてひっくり返したら、反対の面は油を温める程度に火を通します。

肉によって焼き加減が違います。うまくできるとおいしい焼肉が食べられます。

塩尻にある焼肉屋さんは盛り合わせのメニューが多いです。色々な種類のお肉が食べれるので、部位によって適した焼き方を知っていると、美味しく食べられますよ。

SNSでもご購読できます。